神奈川県立 横浜栄高等学校
トップ画

学校教育計画

本校のミッション

 全日制普通科の高校として、生徒一人ひとりの学習や進路等の目標の実現に応えるため、 単位制の利点をいかした年次進行を基調としたカリキュラム・マネジメントに学校全体で取り組み、 学力の育成、豊かな人間性や社会性を培い、社会的・職業的に自立することをめざした学校づくりに取り組む。
 教育課程については、共通教科・科目を中心に、生徒の特性や地域・学校等の実情を踏まえながら、普通科として適切な編成を行う。
 これまで、国際社会や地域に広く貢献でき、行動力あふれる人材の育成をめざし、 単位制の特性をいかした個々の進路希望に対応する教育に取り組んできたが、今後はさらに、 生徒が自ら課題を発見し解決する力を育み、主体的に学習に取り組む態度を養うことをめざした不断の授業改善の実施等、 これからの時代に求められる資質・能力の育成に向け、教育活動の充実に取り組む。

教育方針

平成28年度学校目標

視点   4年間の目標
(平成28年度策定)
1年間の目標 取組の内容
具体的な方策 評価の観点
教育課程
学習指導

①生徒の希望する進路実現
に応えるため、共通教科・
科目を柱に単位制の趣旨を
いかした教育課程編成を行
う。
②生徒が自ら課題を発見し
解決する力を育み、主体的
に学習する態度を養うこと
をめざした授業改善に取り
組む。
①単位制を生かした科目
設定や履修指導により、
生徒が主体的に履修計画・
学習計画を立てられるよう
に支援する。
②公開授業・互見授業の期
間を活用し、生徒の主体的
な学習に向けた授業改善を
行う。   

①科目選択の際、進
路希望に応じた丁寧
な説明や履修指導を
するとともに、進路
希望や興味関心を満
たす授業展開をする。
②アクティブ・ラー
ニングの授業研究を
目的に、全教科で公
開授業を積極的に行
う。   
①2年次生の次年度
の履修希望単位数の
平均が22単位以上に
なったか。卒業生の
総取得単位数の平均
が86単位以上になっ
たか。
②すべての教員が公
開授業を年間2回以
上実施したか。
生徒指導
・支援



①豊かな心と、健やかな体
を育むきめ細やかな教育を
推進する。
②生徒の状況把握と個々に
対応した教育相談の充実を
図る。


①マナーやルールを守る意
識を高め、校則遵守等、規
範意識の醸成を図ることを
通して、豊かな心を育む教
育を推進する。   
①自転車マナー等交
通指導、頭髪・服装
指導を定期的・組織
的に行う。   
①生徒の交通マナー
や服装・頭髪違反の
状況に改善が見られ
たか。
進路指導
・支援
入学から卒業までのキャリ
ア教育の体系化により、生
徒のキャリア発達を支援し
、進路指導の充実を図る。
第一希望の進路実現のため
に、3年間を見通したキャ
リア支援を充実させ、学校
全体で取り組む体制を整え
る。   

・模試データの活用
度をさらに高める取
り組みを検討する。
・生徒・保護者へガ
イダンス・カウンセ
リングの内容を充実
させる。   


・難関大学へ挑戦す
る生徒が増加したか
、また、合格実績が
伸びたか。
・生徒・保護者のキ
ャリア支援に対する
満足度が向上したか


地域等と
の協働
生徒の社会参画の意欲向上
に努め、保護者、地域住民
との協働を推進して開かれ
た学校づくりを進める。
学校行事を通じて、生徒と
保護者・地域住民との交流
を深め、本校の特色や教育
活動について理解してもら
う。   


夏季ボランティア体
験学習・三世代地域
交流会において事前
学習と事後振り返り
を行い、社会と関わ
りあうことの大切さ
と社会に貢献する力
を育成する。
  
夏季ボランティア体
験学習や三世代地域
交流会を通じて、学
校と地域住民との連
携を高めることがで
きたか。
学校管理
学校運営
安全で信頼される学校づく
りを目指し、指導体制・管
理体制の整備を進める。
防災訓練、防災教育の充実
を図り、生徒の防災意識を
高める。   
通常の避難訓練に加
え授業やLHRの時間
でDIG訓練を行い
、校内および学校周
辺の災害に対する備
えを確認する。   
DIG訓練の成果を生
かして、校内および
学校周辺の危険箇所
をまとめることで、
生徒・職員の共通認
識とすることができ
たか。