神奈川県立 横浜栄高等学校
トップ画

学校教育計画

本校のミッション

 全日制普通科の高校として、生徒一人ひとりの学習や進路等の目標の実現に応えるため、 単位制の利点をいかした年次進行を基調としたカリキュラム・マネジメントに学校全体で取り組み、 学力の育成、豊かな人間性や社会性を培い、社会的・職業的に自立することをめざした学校づくりに取り組む。
 教育課程については、共通教科・科目を中心に、生徒の特性や地域・学校等の実情を踏まえながら、普通科として適切な編成を行う。
 これまで、国際社会や地域に広く貢献でき、行動力あふれる人材の育成をめざし、 単位制の特性をいかした個々の進路希望に対応する教育に取り組んできたが、今後はさらに、 生徒が自ら課題を発見し解決する力を育み、主体的に学習に取り組む態度を養うことをめざした不断の授業改善の実施等、 これからの時代に求められる資質・能力の育成に向け、教育活動の充実に取り組む。

教育方針

平成29年度学校目標

視点   4年間の目標
(平成28年度策定)
1年間の目標 取組の内容
具体的な方策 評価の観点
教育課
程学習
指導

①生徒の希望する進路
実現に応えるため、共
通教科・科目を柱に単
位制の趣旨をいかした
教育課程編成を行う。
②生徒が自ら課題を発
見し解決する力を育み
、主体的に学習する態
度を養うことをめざし
た授業改善に取り組む。
①授業の質と量を確保し
、バランスのとれた教育
活動を展開するため、教
育課程を改定する。
②生徒の主体的な学習を
実現するための校内研究
会や研修会を開催する。
  

①学校行事を精選す
るとともに、1単位
当たりの授業時間を
確保した教育課程を
完成させ平成30年度
から実施する。
②全職員対象の授業
改善研修会を開催す
るとともに、全教科
で公開授業を行い、
授業改善に向けた
具体的工夫を導入する。   
①授業の質と量を
確保した教育課程
を作成できたか。
②全職員を対象と
する研修会・公開
授業を実施し、具体
的工夫を導入でき
たか。
生徒指
導・支



①豊かな心と、健やか
な体を育むきめ細やか
な教育を推進する。
②生徒の状況把握と個
々に対応した教育相談
の充実を図る。


①生徒が主体的に取り組
む学校行事を実施し、豊
かな心を育む教育を推進
する。
②校内の組織的な生徒支
援体制を構築する。   
①生徒が企画から運
営まで主体的・協働
的に取り組む学校行
事とするため、指導
や支援のあり方を検
討する。
②生徒情報の共有を
図るとともに、外部
機関を活用し適切な
支援を進めるための
体制を構築する。   
①生徒の主体的・
協働的な取組はあ
ったか。
②生徒情報を共有
し外部機関への連
携を含めた支援を
実現するため、ケ
ース会議を活用で
きたか。
進路
指導・
支援
入学から卒業までのキ
ャリア教育の体系化に
より、生徒のキャリア
発達を支援し、進路指
導の充実を図る。
①キャリア支援プログラ
ムに基づき進路指導を行
い、生徒の進路に対する意
識向上を図る。
②生徒の第一希望進路の
実現に向けて学習支援体
制を構築する。   

①模試データ等を活
用し個別の指導計画
を作成する。
①生徒の英語検定試
験受検を促進する。
②課外の補習講座等
を充実させる。   


①個別指導計画が
次年次に引き継げ
たか。
①英語検定受検生
徒は増加したか。
②課外講座への参
加生徒数は増加し
たか。

地域等
との
協働
生徒の社会参画の意欲
向上に努め、保護者、
地域住民との協働を推
進して開かれた学校づ
くりを進める。
・生徒と保護者・地域と
の交流を深め、本校の特
色や教育活動についての
理解を深めてもらう。   


・社会との関わりの
大切さを認識し社会
に貢献する力を育成
するため、生徒の地
域での活動機会を増
やす。
・学校からの情報発
信を定期的に行う。
  
・地域で活動する
生徒数は増加した
か。
・地域への情報発
信のため、HPの
更新を毎月1回以
上行ったか。
学校管
理学校
運営
安全で信頼される学校
づくりを目指し、指導
体制・管理体制の整備
を進める。
・教育環境の整備を進め
るとともに防災意識の高
揚を図る。
・教育改革についての職
員の共通理解を図る。
  
・設定を変えた防災
訓練を実施する。
・教育情報を共有化
する。
・設定を変えた防
災訓練を実施でき
たか。
・情報発信の回数
は増加したか。

学校教育計画・グランドデザイン

全体指導計画(年次別)