神奈川県立 横浜栄高等学校

アメフト部
秋季県大会決勝進出

アメリカンフットボール部 秋季県大会決勝へ

 10月1日(日)、秋季県大会準決勝が法政大学グラウンドで行われました。 春季3位だった横浜栄高校は、春季2位の鎌倉高校と対戦し30-6で勝利しました。 この結果、秋季大会では初めての県大会決勝戦進出(春季を合わせると2年振り)とともに 3年振りの全国大会関東地区予選出場を決めました。
  第1クォーター、キッカー林(2年)のフィールドゴールで3点先制しましたが、第2クォーターに 逆転のタッチダウンパスを決められ3-6とされました。その後、ワイドレシーバー佐藤(2年)がロングパスを キャッチして独走タッチダウンして10-6になりました。栄高校は前半終了直前に得たオフェンスで追加点を 狙おうとしましたが、鎌倉高校は絶妙のパントキックで栄陣1ヤードに蹴り込んだため、安全策をとりそのまま 折り返しました。鎌倉高校は後半に逆転勝ちのパターンが得意なため前半できるだけ点差を開きたかったのです が、1タッチダウンで逆転される予断を許さない点差で後半を迎えました。両チームせめぎ合いをする第3クォ ーター中盤は両チームとも疲れがみえてきましたが、ランニングバック増山(2年)が点差を広げるタッチダウ ンをあげ、17-6とリードしました。続くディフェンスでリズムに乗り好ポジションを得て、オフェンスでは ランプレーを中心にじりじりと攻めて、ランニングバック園山(3年)のロングランでさらに点差を広げる(23-6) ことができました。第4クオーター、栄高校のオフェンスはボールコントロールしながら、ディフェンスは早め にタックルして時間を消費しました。終了直前に再度ランニングバック増山(2年)が気の緩んだディフェンス の隙間をかいくぐりタッチダウンして30-6で試合終了しました。
  決勝戦は春秋続けて6期連続県優勝の慶応高校と対戦します。今年春の関東大会でも準優勝した強敵ですが、 初優勝目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。

〇秋季県大会決勝戦:10月8日(日)慶応陸上競技場(東横線 日吉駅すぐ)
13時キックオフ

〇全国大会関東地区予選:2回戦11月5日(日)大井第2球技場(東京都品川区)
            県大会決勝の結果によってキックオフの時間が決まります。


  
〇試合結果
WEEK4:2017年10月1日(日)
法政大学GR
第2試合(13:00)
 神奈川県秋季大会<準決勝>
1Q 2Q 3Q 4Q
県立鎌倉   0   6   0   0   
県立横浜栄   3   7   13   7   30
ワイドレシーバー佐藤の独走タッチダウン
アメフト
クォーターバック神のパス
アメフト