神奈川県立 横浜栄高等学校
トップ画

3年間のキャリア教育

人間観・社会感の育成

キャリア教育計画表

キャリア教育イメージ
1年次
学習
キャンプ
入学後早い時期に学習キャンプを実施します。予習→授業→復習という学習のリズムや夜の独習の体験をします。これで毎日の家庭学習の方法を身につけます。
選択科目ガイダンス 高校卒業に必要な科目や、希望進路実現のためにぜひ学習しておきたい科目などについて、1年次および2年次で、選択科目説明会を行い、併せて、個別相談も、ていねいに実施します。
三世代
交流会
地域のシニアの方々のご指導のもとに、ゲートボールやわら細工作りなどの活動を通して、PTAの方とともに三世代間の交流を図ります。
夏季体験学習 職業体験・ボランティア体験などを通し、働くことの意義を考え、進路選択の参考にします。
福祉技術体験 車椅子介助・アイマスク体験などにより、思いやりの心を育てます。
2年次
学部・学科
ガイダンス
大学職員が来校し、大学での学びについて、ガイダンスを実施しています。このガイダンスでは、学部・学科など専門的な分野に分かれて何を学ぶのか、学びの先にどういう可能性があるのか、などの話をうかがいます。
OBと語る 現在、大学で活躍している卒業生に来校してもらい、入試体験や大学生活についての話を聞きます。
3年次
入試対策指導 学力試験による入試のための指導の他、AOや推薦入試に対応して、模擬面接や小論文、志望理由書、自己推薦文の書き方など、ていねいに指導します。
入試
ガイダンス
大学の入試担当者が来校し、最新情報に基づいて、大学入試に関するガイダンスを実施します。
指定校推薦 これまでの実績により多数の大学、短大等から推薦の依頼が来ています(指定校推薦)。推薦することが決まった生徒には、模擬面接や小論文の指導をします。

年次共通の取り組み

3S Day
定期テスト前の休日などに自律的に独習する習慣を身につけることを目的に、半日から丸1日の自習の日を設定します。質問コーナーも開設され、担当教師が対応します。
模擬テストの校内実施
高校卒業後の進路決定には、全国レベルでの学力把握が必要です。本校では1年次より、進路選択のポイントになる時期に模擬テストを校内で実施し、多様化する受験状況に対応しています。